使い勝手がいい

掃除機

「暮らしに必要な家電」昔の人は家電など無用な生活を送っていました。
しかし、現代では家電は無くてはならないものです。
もし、家事を行う為の家電製品が無かったら、女性は一日中家事をしていなければなりません。
ご飯を炊くのも洗濯をするのも、掃除をするのも、大変な労力です。
冷蔵庫がなければ食料を保存することが出来ません。
家電が無かった時代にはそれなりに工夫をして生活をしていました。
しかし、一旦世の中に普及し、当たり前のように使うようになってから、無くなると言うのは最初から無いのとは全然意味合いが違います。
急に無人島に行って生活をしなさいと言われているのと一緒です。
便利な世の中に生まれた為に大切な物を失っていると言われる事があります。

「必要で無い物」現代の暮らしで便利な物と引き換えに失われた物は確かにあります。
それは物品ではなくて、心の問題です。
無くてはならないと言った物でも無くても生活が出来ない訳ではありません。
事実、昔の人は大して不便も感じずに生活をして来ました。
最初に電気炊飯器が発売された時、あまり売れ行きが良くなかったそうです。
何故かと言うと女性はご飯が炊けて一人前の主婦と言う気持ちが男性にあったからです。
女性もご飯を家電製品に頼って炊くと言う事に抵抗があったようです。
現代でも食器洗い機の売り上げがあまり良くありません。
やはり食器は女性が手で洗うものだと言う日本人独特の観念があるからのようです。
外国では当たり前のように使っている物もまだまだのようです。